スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

褒めること叱ること

お久しぶりです^ ^
春は学校行事目白押し…今年から小学校のPTA役員を引き受けたり、図書ボランティアも始めたり。チョットがんばってます、わたし。

先日、家庭訪問が四人分終わりました。
(残るは中学生あと一人分。)

そこで小学三年の次男の先生から言われてわたしがめちゃくちゃ嬉しかったこと!

次男は、お友達のいいところを素直に褒めてあげることができるそうです。
足の早い友達に「⚪️⚪️くん、早いね、かっこいい!」
字がキレイな友達に「⚪️⚪️ちゃん、いつも丁寧に書いてスゴイね」
早生まれの次男には、お友達のスゴイところイコール憧れ♡そう感じているのかも。

でも素直に褒めるって、できそうでできないと思いません?

わたしの場合、口にするのが恥ずかしかったり、悔しい気持ちが勝ってしまったり、なんか複雑な時もあるんです。

で、素直に口にできない根っこにあるのは、褒められ慣れてないからかなと。昔も今も。
そして無反応、無視が一番ツライ…。

褒められる→認められた!→自己肯定感の形成。
叱られる→見てくれている!→安心感。
…こんな感じかな。

とはいえ、感情的に叱ってしまうことが多々ありまして、そんな時はぎゅっと抱きしめて謝ります。さっきはゴメンね、言い過ぎたよ、と。(恥ずかしくて顔が見られない時、抱きしめるのはオススメ^^;)
オトナも完璧じゃないもの。

褒めるのも叱るのも、あなたのコト、気にかけてるよ!のメッセージ。

これからもいっぱい褒めて、いっぱい叱るんだ~^ ^



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

clover-clock
プロフィール

子連れリポーター

Author:子連れリポーター
5人(♀10歳、♂7歳、♂5歳、♂4歳、♂2歳)の子育て真っ最中!子ども達、映像制作者の夫と共に、一家総出で取材に出ている「子連れリポーター」です♪ IBCじゃじゃじゃTV「キッズ天国」出演中♪ ☆薪ストーブ☆冒険遊び場☆森の幼稚園☆出産☆イクメン☆ホームスタート☆誕生学…と聞くと思わず反応します。

フリーエリア
kozureripo_yokoをフォローしましょう
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
「子連れなんとか。」へようこそ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。